スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーな結果伝達

私はもともとの職場がエステティックサロンだったのと、時々エステ系の講習を受けに行くということもあって、エステティックは大好きなのですが、ひとつ、どうしてもムリな事があります。

それは、「オーバーアクションの結果伝達」。

フェイシャル後に顔がリフトアップしたからと言って、顔を左半分施術した後にわざわざお客様をベッドからよっこらしょと起き上がらせて、そして、施術者が瞳をキラキラ輝かせて「きゃぁぁぁ~~(ハート)、左のお顔、すごい上がってますよぉぉ~~(ハート)!!!鏡見てくださいよぉぉ~!!」そして手鏡をムリヤリ見せつけられるお客様…。ひどいと、周りのスタッフまで数人集まってきて、一斉に「すご~~~~い!!」  そして拍手。 …。。。。。

施術者から言わせれば、しかるべき方法で、しかるべき圧でしかるべき回数、しかるべき施術を行えばそりゃリフトアップしますがな、って当たり前なんですが…。

お客様にいかに実感していただくかが大切ってのも分かるんですが、半顔やって、その異様なテンションの高さはいかがなものか…。あまりのエステティシャンのテンションに戸惑うお客様、でも、中にはマンザラでもない表情をしてくださり「ほんとねえ!」と言ってくださる心優しいお客様もいらっしゃいました。

エステティックサロンに勤めていて、何が辛いって、これがとっても辛かったです。(もっと辛かった事もあるけど。。微笑)

わたし自身がもともと明るい性格ではなく、陰か陽かと問われれば間違いなく陰であり、テンション低めの人間であることも大きな要因ではあるとは思うのですが、そこまで結果伝達に盛り上がるか?結果伝達に関しては否定しないしお客様にとっても、良いことだとは思うのですが、、そこまでしなくても。と思ってしまうのです。

陰なセラピストなんて嫌だわ。と、まだ見ぬお客様には思われてしまうかもしれませんが…、初対面で「こんにちわぁぁぁ~~!ハジメマシテェェ~~!」というタイプでは決してない、ということです。「明るい性格」と言われた事は残念ながらほとんどありません。うまく転ぶと「癒し系」と言っていただける場合も場合によってはあるようなので(←プププ)、そのように解釈していただけますと幸いです。

エステ系の講習に参加した時に、講師の方がそのような計らいをし、受講者同士でオーバーな結果伝達をしなければならない状況になるととっても辛くなるのですが、いかん、空気を読まなければ。。

脚のマッサージをしかるべき方法でしかるべき圧でしかるべき回数行えば細くなるのは当たり前だってプロなら分かっているはずなのですが…。お客様に実感していただくためにオーバーな結果伝達するのは百歩譲って許せても、、プロ同士でオーバーアクションな結果伝達は、辛いわ。「そこそこ結果伝達」なら、私だって全然OKなんですよ。オーバーなやつがダメなんですよ。だめだ私がテンション低いのがいけないのね。

人気ブログランキングに登録してみました。クリックしてもらえると嬉しいです。

www.arovita.com ←私のサロンのサイトはこちら
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。