スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピストとエステティシャン

先日、ある化粧品のサロン用の導入セミナーに行き、今日はまた違う化粧品のセミナーに行ってきました。

結論からすると、今日行ってきた方の化粧品セミナーが内容も素晴らしければ、デモンストレーションも素晴らしかった。会場のスタッフのかたのお人柄もよかったし、いただいたサンプルも申し分なく品質が良く、納得し、たいそう気に入りました。ここに決定~。

先日行ったところは、色んな人が「いいよ~」と言っていたところのものなんだけど、私の中では悪くはないんだけど今ひとつ腑に落ちず、残念…といったところでした。

今日のセミナーはエステティシャンがほとんどで、先日のところはセラピストが多いようでした。

以前わたくしはエステティシャンだったのですが、その時の周りのスタッフを思い出しました。セラピストに比べてメイクが5層くらい厚く、貴金属の量も、ブランド物パーセンテージも高かった。巻髪率も高く、きらびやかで美しい方が多かった…。黒い服の方が多かった。しゃべるスピードが速い人が多いような気がしました。

(私は明らかに浮いていました。。恥。皆さんキリリとしてらっしゃって、縮こまってました。)

先日と今日とをくらべて一目瞭然で違いが分かったので、おもしろかったです。

セラピストのほうはエステティシャンと比べると化粧が薄くナチュラル系で、どちらかというと白っぽい服が多く、肩が凝っていそうな人が多かったような。そんな私も肩こりなんですが(笑)。癒し系だからか?!しゃべりもややスローなのではないかと。

もちろん全員の方が、というわけではないですよ。セラピストにもエステティシャンにも、それぞれの方の個性がありますからね。。あくまで、私が勝手に思った、傾向です。そして、どちらが良くてどちらが悪いわけでもないですからね。

そして自分はセラピストのほうに身を置いた時に、ああ、こっちサイドなんだな、ということを再確認しました。

化粧品はセラピスト仕様ではなく、エステティシャン仕様のものに決定したんですけどね。

スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。