スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の香り

昨日はお休みだったので、梅ヶ丘の羽根木公園へ。

梅の花が、可愛くほころんでいました♪なんたって梅ヶ丘ですから、梅がたくさんあります。

「誰か梅味のハイ○ュウ食べてる?」と思った瞬間、よくよく嗅ぎ直してみると、おお~梅の香りだ!

ほんものです。

こんなに本物の梅の香りがするなんて。

一瞬なりとも「ハイ○ュウ」と思ってしまってゴメンナサイ。アロマセラピストなのにすいません。

ハイ○ュウやらについている合成の香料は、香りの分子が一定で、ストレートにすと~んと鼻に入ってくるのですが、自然の香りは、分子の大きさに微妙な「ゆらぎ」があって、そして、ふわふわふわ~~~~と、小さく揺れながら鼻に入ってくるんですよね。それが気持ちいいのよね!

合成の香りは、それでもいい香りのものもあるけれど、どうしてもその「ゆらぎ感」が感じられない。

○○○○○○ …のように、常に一定で単調。

合成の香りは、蛍光灯の一定した光のようなもの。本物の植物の香りは、ろうそくの火のような、気持ちいい、ゆらゆら感があるのです。

ちょうどサロンの商品を発注するタイミングだったので、勢いに乗って、自分用のベルガモットも足しておきました。自分用の精油は基本的にはあまり買わないのですが…ベルガモットのフレッシュな感じが欲しくなり。

ベルガモットのステキなところは、リフレッシュ成分とリラックス成分がいっぺんに入っているところ。

めちゃめちゃリラックスするのに、ついでにフレッシュになってしまうのです。

塩キャラメル的です。

甘いのにしょっぱくて。

残念ながらトリートメントに使うには皮膚刺激の点で避けているのですが、部屋に香らすならOKなので、サロンにもじゃんじゃん焚いてしまおうかと。あっ、これじゃ自分用じゃないですね、サロン用ですね。

ベルガモットを焚きながらサロンの準備をするのもまた楽し。

お客さまのためというより、自分のため? ついでにお客様も、ベルガモットでお迎えしてしまおうかと。

そろそろデジカメを使いこなせるようになりたいです。おそい。今時、写真もまともにアップしてないこのブログ。がんばりま~す。
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。