スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨドバシなど

ヨドバシでの戦利品。

*デジカメ(なんとデジカメ人生初購入…)
*デジカメの収納袋?、液晶保護フィルムみたいなやつ、ちっちゃいカードみたいなやつ「4ギガ」と書いてありましたが。
*ICレコーダー(録音したいものがありまして。)
*浄水器カートリッジ2個入
*たこやき器(ノリで。)

デジカメを買うのは本当に人生で初めて。

周りの人たちは性能や価格を比較しているのかじっくり選んでいる様子だったけど、私は、電化製品を選ぶ時間というかプロセスを面倒くさいと思ってしまうので、ヨドバシのお姉さんをとっとと呼んでしまいました。

「これこれこうなんだけど、デジカメが初めてなので、ちっちゃいカードとかなんとかいるんですよね?」相当初心者な発言である。

「それではご案内させていただきます!」

ヨドバシの店員さんはいつもにこやかに、そしてスピーディに、時間のムダなく案内してくれるから、みんな大好き♪ヨドバシラブ♪

とっとと購入商品が決まり、何も分からない私にも分かりやすくムダなく、私も「じゃあ、これとこれとこれで!」と、とっととレジへ。

周りの人たちは、まだまだじっくりとデジカメを比較している模様。

とくに男の人は、デジカメ・パソコンなど、目をキラキラさせて商品を選ぶプロセスを楽しんだり、説明書を読んだりするのが好きみたいだけど。

私はそのプロセスいっさいが苦手。

買ったら買ったで、買うのは好きなんだけど、使いこなせるまでのプロセスは苦手、「電化製品を使いこなせている自分」ありきで、結果重視派なのです。

ノリでたこやき器を買ってしまったのが果たして正解だったのかどうか、まだ開封してません。

浄水器カートリッジの売り場近くで、1,480円の安価なたこやき器を衝動買いしようかどうか、じ~~~っと見つめていたら、定員さんがやってきて。

店員さん「このタイプは安くていいんですけど、本体から鉄板が外せないので、洗えないんですよね。」

私「え~~~!洗えないの?拭くだけ?そりゃ不便ですねぇ。」

定員さん「2,480円のこのタイプは…あっ、これも、外せないですね。これも拭くしかないですね」

私「拭けないんですか~~せつないですね。」

たこ焼き器を洗えないなんて!この丸いボコボコを一つ一洗えないなんて…(´□`。)°゜。

店員さん「このタイプですと(3,980円)、ほら!取り外せますよ。しかも、ホットプレートもついていて、付け替えられて、便利ですよ♪」

私「え~~~素晴らしい!!!……じゃあそれください。」

あっという間に、3,980円を衝動買いしてしまいました。(い、いつもはけっこう倹約家なんですよっ。お昼は毎日弁当持参だし。)

『毎日かあさん』で、たこ焼き器でお母さんがいろんな具材を入れて子供に食べさせているシーンがあり、「これは便利だ、ぜひ私も真似しなくては」と意気込んでいました。

ちなみに、漫画では、娘さんに「お母さん、手抜きしてない?」というリアクションがあったようですが。

女子は気にするかもしれないが、男子なら大丈夫だろうと。

補足:(この漫画は育児書ではないので、由緒正しきお母さんは、安易に真似しない方が良いかもしれません。)

::

数ヶ月前、サロンに飾っていたお気に入りのお花のランプが、「バシッ」という悲しい音を立てて、一切つかなくなってしまいました。

通販で似たようなテイストのものがあったので買ってみたのですが、ライトが青白くて、リラクゼーション効果ゼロ。。

あったかい感じのオレンジっぽい明かりがいいんだけどなぁ。

泣く泣く、返品しました。

まだ、出会いがありません。

いろんな雑貨店を回っては出会いを求めているのですが、いまだ出会えず。

今はキャンドルでしのいでますが、早く、出会いたいです。

…デジカメが使えるようになったら、写真をアップするブログにしたいです。

リラクゼーションサロン・アロマビタミンズのサイトはこちら。
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。