スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉自慢

代々木上原駅からパルケにかけての、けっこうな坂。

一ヶ月前は自転車でこぎ続けて一番上まで上るのが結構な難関だったが。

引っ越してからは、子供を保育園に預けてからここを通るルートが、サロンまでの最短距離なのよ~。ぜひともここを通過して通勤したい。。

「この坂を、涼しい顔で上れるようになってみせる。必ず。」

と、心の中で一人静かに宣言してから一ヶ月。

今は本当に、スイスイ涼しい顔で上れるようになってしまった(もちろん人力車の自転車)。全然楽勝♪やった~

ありがとう筋肉!おめでとう筋肉!

願えば叶う!

願い、そして行動すれば叶うのである。

啓文堂文教堂書店(←まちがえた)のあたり(坂の一番下)から自転車を押して歩いている20代くらいの女性がいるかと思えば、後ろ姿が30代前半とおぼしき男性も、啓文堂文教堂書店から自転車を押している(笑)

おーい!そこの男子!こげないのかよ~こぐ気ないのかよ。頑張ろうよ。同年代じゃん?

こげちゃった方が、ラクだぜ?そこの男子?いつまでも押して歩く気かい?

いつまでもそうやって、ダルそうに押して歩くのかい?

チャレンジしてみろよ!やってみろよ!(松岡修造ふう)

私は、彼らの横を、スイスイと上り詰めて一番上のパルケまで一気に。

立ちこぎなしでスイスイと…♪

なんだあの主婦…と思われていただろうか。

「勝利」の2文字が私の心の中を躍りました。

アシスト付きの自転車と迷いましたが、やっぱり人力車でよかったわ♪

筋肉は財産です。

ちなみに、脚力だけでなく、坂道だと、前腕部の筋肉もけっこう頑張ってるワ。

どうりで、前腕も男子っぽくなってきたのよね。うふふ。

筋肉つけて、これからの寒い季節に備えちゃおう。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


私も、仕事ができる人間になりたいです。そういう思いも込めて、筋肉つけて、ヨガで柔らかくしとくのだ。

「筋肉は最強のビジネススキル」だそうだよ。

この本は、「だから身体を鍛えることに意味があるのだよ。」という動機付けにはうってつけ。鍛えずにはいられなくなります♪読みやすい文章です。

女子っぽくなくてスマンです。
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。