スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お若いですネ。

先日、疲れたなぁ~と思って、マッサージをお願いしました。お金を払ってマッサージを受けるのは2年ぶり。とっても久しぶりでした。ワクワク…。担当の方はニコニコとしてとっても感じがよいお姉さんで、ほどよくグイッといってくれて、満足満足!でした。行って良かったマッサージ。

とっても良かったんですが、一つだけ気になったのは、お会いしてまもなく「えええ~お若いですね~~~!」と言われたこと。「お若い」「お若い」と、計3回くらい言われました。「お若い」コメントはやけに久々だったので驚きました。

(1)見た目より実年齢が若いのか?
(2)それとも、実年齢より若く見えるのか?
(3)31歳という年齢が、ただ物理的に「若い」のか?

若いって、どういう意味なんだろう…と気になりつつ、その後、「やはり安田さんはお若いので、」という文脈があり(ああ、また…笑)、答えは(3)であるような気がしてきました。笑。お姉さんは、自分と同年代に思えましたが、そのように言ってきたということは、私より少し年上の方なのかもしれないですね。

以前、アエラの中吊り広告に、「今の女性は、『若い』と言われたくない」というような記事のタイトルが買いてありました。なるほど!と思いました。ちょっと前までは、女性は若いほうがいい、いかに実年齢より年下に見えるか…と言ったことがテーマになりがちでした。

今、アツイのは「アラフォー」。年齢を重ねているということはその分、人生を重ねているということ。その分、人としても厚みがあり、魅力的…ということの方に、重きを置かれているような気がします。

ただ若いだけの女より、仕事もできて知性もあって、経験を積んでいる大人の女性の方が、ポイントが高い。今は、年齢をひた隠しにする女性は、あまりいないのではないかな?「私って何歳だと思う?ウフッ。」という微妙な質問も、一昔前の感覚ですよね。

なので、わたくしが(3)のようにテンション高く言われたことは、バカにされてしまった気がして、ちっとも嬉しくありませんでした。私が喜ぶと思って言ってくださったのかもしれないですが…。

私は「初対面」の方に言わない質問として、「今日はお休みですか?」「お仕事は何をされているんですか?」があります。

「お若いですネ♪」、場合によってはすごく失礼なコメントだと、私には思えるのです。嬉しい人もいるかもしれないけど…。

これも、確実に、そのリストに入れようと誓いました。

ちなみに、以前美容室で、25歳だというアシスタントの男の子に「ええ~30歳に見えない!お若いですよねえ」と言われた時は、わりと嬉しいという気持ちでした。お世辞かもしれぬが。

女というのは難しいですねえ。何たって私なんて、知性も経験もまだまだ少ない若造(ワカゾウ)ですからねえ。同じことを言われても嫌だったり嬉しかったりで仕方ありません。まだまだ人間としてちっさいという事ですね。

若造は、ワカヅクリと読まないように。

アロビタ.com
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。