スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教えること

今年に入ってから、年始明けにズバッとフェイシャル講座を楽しく開講した後、その後はサロンのトリートメントの日々が、穏やかに続いています。

「あ~…。もう、講習は今後はナシで、施術だけでもいいかも。」

と、ふと思う瞬間も。本当の本当は、私のキャラ的には、教えるよりも、黙々と施術をしている姿の方が、しっくりくるのかも…と思うこともある。何かこう、トリートメントするのって、「今日はどんな作品を作ろうかしら?」的な、うまく言えないが…「お客さまをおいしく料理しちゃう?」みたいな…?ち、ちがうな…表現が見つからない。お客さまに失礼ですね。。すみません。とにかく、そのプロセスがやっぱり好きで、何だかやっぱりやめられない感じ。

かと思うと、講習を終えた日は、

「やっぱり、教えるってのも、テンション上がっていいかも~」

と、また思うのである。

技術をお教えすることのメリットは色々とあるのですが、

まず、

【教えると、自分も間違いなく、施術がうまくなる!(当社比)】

という、セラピストとしては願ったり叶ったり!!のメリットがあるのです。超オトク♪です。

自分の日々行なっているトリートメントを、テキストという形にして、文章にして、イラストにして…、そして、自分以外の誰かにアウトプットして伝えていくというこの作業、回を重ねるごとに、講師としても磨かれ(…磨かれたいものです)、セラピスト的にも、施術がうまくなっちゃう!(もちろん当社比)と、オトクなわけなのです。

そして、教えるとなると、【自分も、ものすごい勢いで勉強せざるをえない】のですよね。

【勉強せざるをえない】ってのは、【勉強したいナ~】【勉強してもいいかなぁ?】【勉強しようかな…】なんていう、ちっさいエネルギーでなく、もう、ドドドーン!と大きいわけです。勉強しなくちゃいけないのですから。このへんも、オトクポイントです。読む本読む本、集中力が違います。

そして、サロンのお仕事と講師のお仕事とがあることによって、気持ちのメリハリが生まれます。

動と、静。

ただただトリートメントし続けるよりも、ただただ教え続けるよりも、両方があることによっての、相乗効果。

サロンという生きた現場で得たものを、スクールの受講生さんに、伝える。

スクールで得た、うまくなった私の施術(←やはり当社比)を、サロンのお客さまに還元する。

お教えすることによって、新たに気付くことも、ある…。→サロンのお客さまに還元。できたらいいな。

あら~。いい循環ではないですか。

なんちゃって、こんなこと書いてて、でも、日々悩みながら…なんですよ、ほんとに。自分の課題というのは、いつになっても、やってくるものですね。まだまだ成長、ですね。

最近は、若干、教える手をゆるめ、トリートメントをさせていただくことにしっかり向き合いたいな。深めたいな。という気持ちが大きいので、サロン営業を増やしています。これもまた良し。

下の記事にて、デコルテトリートメントのモデルさん、募集しております。↓ご協力いただける方、どうぞお待ちしております!

アロマビタミンズのサイト
スポンサーサイト
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。