スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引っ越し

アメブロにお引っ越ししました。

職人的アロマセラピストのサロン経営

セラピストの方や、同業者さん向けの内容(今までもそうだったかな?)です。

ブログの形が整ってなくてお恥ずかしいですが、もうしばらくお待ちを・・・

赤・ランキング
↑人気ブログランキング


バナー
私のサロン&スクールです
スポンサーサイト

お寿司屋さんとセラピスト

テレビで、お寿司屋さんが出ていました。
軽やかな手さばきでお寿司を握る、その手つきに注目しました。

職人は、「手で」握っていないのですよね!
きちんと身体を軸にしている。

テレビ画面に映っているのは確かにお寿司屋さんの「手」なのだけれども、
チカラの出所が明らかに「手」でない。

手の力はしなやかに抜けていて、
肩からひじ、手首、指先の一本一本、指の関節の一つ一つ、
まるで水のように、くにゃくにゃで全くチカラが抜けているのです。

「二枚の手」がお寿司を握っているのではなく、
「10本の指」がシャリにからみつくように。

画面には映っていないけれども、
職人さんの丹田には「キュッ!」とパワーがみなぎっているはず。
そして、二本の脚は「がッ!!!」と大地を力強く踏みしめているでしょう。

もし手にチカラを入れて握ってしまったら、
シャリの一粒一粒が「ぐちゃっ」とつぶれてしまう。

肩に力の入ったお寿司屋さんの握ったお寿司なんて、食べたくないですよねぇ(^_^;)

セラピストも同じ。

丹田にキュッとパワーをみなぎらせ、
二本の脚で大地をガツッとつかみ、
重心を下へ下へと持って行く。

そして上半身はひらひらとなめらかに…
やることとすれば、施術するポイントを「しっかりとらえる」ことだけ。

とらえたら、あとはお腹のチカラで「ずん!」と施術箇所に沈みこませるだけ。

「手の力も少しは入れるんですよね!?」と生徒さんに言われますが、
「ゼンゼン入れません」が答えになります。
(私の施術の場合)

手指の仕事は「とらえる」だけ。(チカラを入れてとらえるのではありません)
やさしく、そして的確にとらえる。
これが永遠のテーマです。

私はフェイシャルをする時もこの方法を使っているので、
「手をゼンゼン動かさない」に、生徒さんが衝撃を受けていることもあります。
私のデモンストレーションを見て、ビックリ仰天されていることもあります。

こんなに身体を使うなんて!
手をゼンゼン動かさないなんて。

ほほのすり上げ、というシンプルな手技でさえ、
洗濯機みたいにいちいち、施術者の身体を回す。

慣れてくると派手に回さなくてもできるようになりますが、
分かりやすいようにでっかい動きで生徒さんにお見せすると驚かれます。

施術を受けているお客様はきっとお気づきになっていないかと思いますが…

「こんなにいろんな方をトリートメントして、腱鞘炎にならないのか?」
と言われますが、

あ、手には一切のチカラを入れていないので、腱鞘炎はありえません(^_^)

手にチカラを入れてしまうと、人間てものすごく疲れてしまうのですよ~
手の力を抜くと、実はとっても楽ちん。

丹田、丹田、です!


赤・ランキング
↑人気ブログランキング


バナー
私のサロン&スクールです



9/3のモデルさん募集、フェイシャル講座についても少々。

先日より募集していた講座モデルさんの件です。

他の日程はもう全部埋まっているのですが、9/3(金)13:30~15:30のモデルさんがまだ決まっておりません。

日程がせまっておりますので、講座受講生さんに限らず、フェイシャル講座にご興味のある方、健康な女性の方(敏感肌の方はご遠慮ください)ならどなたでも、ご協力いただけたらと思います。

サロンのお客様でももちろんOKです(^_^)ぜひお待ちしておりますm(_ _)m

モデル詳細はこちら
おかげさまでモデルさん決まりました(^o^)/


::

最近また、フェイシャル講座のお問い合わせが何件かありました。

その中のご質問にあったことを書きます。
すいません、長くなりそう。


「どういうフェイシャル?」
美容液を細かく使い分けたり、機器を使用したりというエステティック的な要素の強いフェイシャルではありません。
オイルでのマッサージ技術に重きを置いています。
セラピー的要素が大きいと思います。
ただただ手順を追う、というより、「タッチの質」についてかなり深く突っ込んだ内容です。

スタッフさんが複数いらっしゃるサロンさんだと、もしかしたら再現性が低くなるかもしれません。
サロンの技術担当者の方が受講されることもあるのですが、
スタッフが複数いるということは、
「スタッフ全員が、その技術をまんべんなく行うことができる」という点も、
フェイシャル講座を選ぶポイントとなりますよね。

アロマビタミンズのフェイシャルは、その点、手技の行程が多く、
スタッフがきちんと覚えて習得するにはスタッフ1人1人がそれなりのモチベーションを持っていないと厳しいかと思います。
せっかく一生懸命教えても、すぐ辞めてしまうようなスタッフでは困ってしまいますものね。

私が以前勤めていた某大手のサロンでは、
フェイシャルマッサージの行程は、なんと6個、くらい。
それを、15分やる。

オイルマッサージ好きの自分としては、ありえない~~
しかも、手の先だけチロチロ動かしてる、「手先だけのフェイシャル」。
誰でも、そのへんのお姉ちゃんがピラピラ手を動かせばすぐできちゃうフェイシャル。

はっきりいってそれだけでは、マッサージだけのリフトアップは無理なのですよね。
デコルテマッサージも、「手のひらをピラピラ動かしてるだけ」

今思えば、それも良い経験でしたが。
経験を積めたことが何よりも財産ですが。

なぜそんな技術なのかというと、
入社した初心者スタッフがすぐに再現できる内容に、あえてしてるのですよね。
スタッフがすぐ辞めちゃうような会社で、施術の仕方や身体の使い方なんて教えてるヒマはないんですよね。
解剖生理学を学ぶなんて、遠い先の話…

(もちろん、技術にもきちんとこだわり、スタッフの定着が素晴らしいサロンもたくさんあります!ほんと尊敬します)

アロマビタミンズでは、
「丹田、丹田」
とうるさいです。

フェイシャルって、上半身のひじから下だけ動かしてるようで、実は。

イスにドカッ!!!と座って、おへその3センチ下の丹田をゴゴゴ~~~とエネルギーを燃やし、
施術者は身体の中心に「すううう!」と串がささっているかのように中心を感じ、
丹田と中心を感じながら、重心は下へ下へ、

と行うのですよ。

下半身はどかっっっ!!と大地のように。
上半身は水のように、チカラを一切入れない、ふにゃふにゃの状態で、
ぴたーーーーっとお客さまのお顔のカーブや丸みに絡ませる…のがポイントです。

まぶたも、ひたいも、頬も、唇も、鼻も、すべて「丸み」で構成されています。

「丸み」に施術者の手指をぴたーーーーっとフィットさせるには、
手指の関節の力みがすべて解除されてないと、
指が「ぴきぴき」緊張状態なのですよね。

ぴきぴきフェイシャルにならないよう。

し・失礼…暑くなりすぎないよう、このへんにしておきます。

今日からセプテンバーですね♪
秋ですね!秋なのに…


赤・ランキング
↑人気ブログランキング


バナー
私のサロン&スクールです
プロフィール

アロビタ

Author:アロビタ
安田直子
2004年10月にサロン「Aroma vitamins+(アロマビタミンズ)」をオープン。

セラピスト1名・ベッド1台の、職人系リラクゼーションサロン。

1977年3月2日生・女性。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。